東久留米の令和最初のワッショイ!《後編》 | デイサービスやすらぎ邸