要介護や認知症になるリスクが高くなるという研究の結果が出たようです。 | デイサービスやすらぎ邸

2015/05/31

要介護や認知症になるリスクが高くなるという研究の結果が出たようです。

日本福祉大学の准教授らのチームが、日ごろから人付き合いの頻度が少ない高齢者は、そうでない人より要介護や認知症になるリスクが高くなるという研究の結果が出たようです。
やすらぎ邸にも、ご家族から外部との交流を持たせたいとの意向でデイサービス利用になることが多くあります。
デイサービスに通うことで、多くの方と交流を持つことができますし、少しでも要介護状態や認知症の進行を遅らせることができたらと思っています。
やすらぎ邸では、レクリエーション介護士などの資格を持った職員がおり、音楽イベントを多く行っており、日々取り組みとしても利用者様の状態が向上できるように努めています。