東久留米学園の新管理者、大塚の紹介です! | デイサービスやすらぎ邸

2020/03/10

東久留米学園の新管理者、大塚の紹介です!

今回のスタッフ紹介は、学園の新管理者に就任した大塚の紹介です。
以前からやすらぎ邸とお付き合い頂いている皆様は、彼女の存在もご存じの方も多いかと思います。

大塚和美

この度、2020年2月1日付けにてやすらぎ邸 東久留米学園の管理者に就任致しました大塚和美と申します。

私は2010年やすらぎ邸ひばりが丘に配属され、続いて東久留米にて生活相談員・管理者として5年間勤務しました。その後、母の介護のため2016年に一度やすらぎ邸を退職し、実家の兵庫県に帰りました。その時期は母と同居しながら、地元の機能訓練特化型ディサービスの管理者として3年間過ごしておりました。

当時の退職時には身に余る暖かい対応を頂き、また東京に戻ることになった際には迷わずやすらぎ邸でお勤めできるよう希望致しました。そしてこの度、改めてやすらぎ邸にお世話になる事を大変、嬉しく思っています。

私自身、認知症の母の介護をしてきた為、介護をする側のご家族のお気持ちも、ディサービスに託す想いも共感することができると思います。その経験を活かし、利用者様にとってもご家族様にとっても、安心して過ごしていただけるディサービスを目指して誠心誠意努めて参りたいと思います。

また超が付くほど熱心なスタッフにも恵まれ、“何でもご自分でやって頂きたい!!”をスローガンに、ゆっくりと粘り強く頑張っています。ログハウス風一軒家の学園町店に是非遊びにいらして下さい。

まだまだ発展途上ではありますが、スタッフとワンチームで進んで参りたいと思いますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申しあげます。


大塚管理者はやすらぎ邸の創業時、試行錯誤の中で共に頑張って頂いたスタッフです。
ご実家の事情で一度退職されたのち、数年を経て現場復帰頂きました!一度辞めたのちも気持ちよく戻って来られる職場環境作りを大切にしています。